【文字おこし】「3」について  -2022年9月18日放送 SORASHIGE BOOK-

2022年9月18日放送 SORASHIGE BOOK 冒頭より、備忘録です。

【文字おこし】水をあげないことには、どんな花かも、花が咲くか否かさえも分からない。それでも水をあげていかなきゃならないのが人生。-SORASHIGAE BOOK 2022年3月6日-加藤シゲアキ

2022年3月6日放送 SORASHIGAE BOOKより、とても深い話だったので書き起こしです。

【文字おこし】五十音最初の2文字で勝手に矮小化しないで。本質が掴めない、その時間を楽しんで欲しい。-SORASHIGAE BOOK 2022年3月6日-加藤シゲアキ

2022年3月6日放送 SORASHIGAE BOOKより、とても深い話だったので書き起こしです。

【文字おこし】「性差を書き分けてるイメージはない。人間を描いている。」-SORASHIGEBOOK 2022年1月23日-

2022年1月23日放送 SORASHIGEBOOKより。いい話だったので書き起こしです。

あの夏の約束を、僕らはまだ守れているみたいだ  カノン/エンドレス・サマー

ちょっと書き記しておきたかったから短いブログ記事です。タイトルだけ聞いたときはまさか思いもよらなかったけど、「エンドレス・サマー」の続編のようですよ。 NEWS 12th アルバム「音楽」より『カノン』

やがてあの日と同じ空に、名もなき夢の輝きが見えた。 ♫TOKYO SUMMER(NEWS) ーエンドレス・サマーと徒然解釈ー

大きな街。大きな憧れを抱いてやってくる街。自分を探す街。葛藤と後悔と憎しみが渦巻き、やがて、ありふれた大人になっている自分に気づく街。

【文字おこし】『生きろ。』俺は無責任に言っていく。 -2021年8月29日 SORASHIGEBOOK-

SORASHIGEBOOK 2021年8月29日放送回より、文字おこしです。

【文字おこし全文】加藤シゲアキ 第42回吉川英治文学新人賞受賞記者会見

少しは恩返しできたかな もう甘えられない 責任をもってやり続けることが、この世界への恩返しになる 小説を高尚なものにしたくなかった 願うのは、興味を持って貰うこと 小説を書いたことで救われた 歌って踊る日があってお芝居する日があって、書く日があ…

アイドルが示す「アイドル」の定義 ー増田貴久ソロ曲「Thunder」考察ー 参考:加藤シゲア著書『ピンクとグレー』

「雷」が「神鳴り」だとしたら?神格化された人間の魂の叫びだとしたら。 増田貴久さんのソロ曲の中で、「Thunder」の演出は異色であったと思う。円盤ではモノクロの技法を採用し、本人しか映さない。彼しかいない世界の彼の孤独の叫び。そんな印象をうけた…

Narrative ー未完の物語が宿る心象世界からー 加藤シゲアキソロ曲考察

今回のテーマは、「完結していない物語 結末のない物語 物語ること」 StoryもNarrativeも直訳は「物語」だがニュアンスに違いがある。Stoeyは "History" が由来で、歴史などの俯瞰で見た他者の物語というケースが多い。対してNarrativeは一人称視点、自分の…

NEWSの名歌詞・名曲

やりきれないことばっかりで、どうして自分だけこんな目にって、それでも朝は必ず来てしまう。そんな心に寄り添い、未来を一緒に目指してくれる名歌詞がNEWSの楽曲にはたくさんある。 なかでも好きな歌詞を書きだしておきたくて挙げてみました。 笑顔じゃな…

NEWS STORY

迎えるにあたって、これほどまでに感慨深いライブがあっただろうか、いつ立ち消えになっても不思議ではない、そんなライブだったと思います。

加藤シゲアキ著書 入学試験・教育題材 起用情報

本格的に作家としての存在感を確立し始めた加藤シゲアキさん。少しずつ教育現場にも進出し始めています。自分用に目情などをもとにまとめていきたいと思います。分かり次第追加していく予定です。(私が超忙しくなければw。自分用ですので信憑性には欠ける部…

加藤シゲアキのおすすめ小説3選!(オルタネート/ピンクとグレー/傘をもたない蟻たちは/できることならスティードで)

抜群の形容力と爽やかな読後感が評判で、名実ともに代表作となった小説『オルタネート』。鮮やかな快進撃で「作家 加藤シゲアキ」の名を広めた " 青春小説の新たなる金字塔 "です。 加藤さんの作品、実はこれまで『オルタネート』と全く違うサスペンス要素や…

【文字おこし】物語が身体に染み渡っていく。それが社会を作っていく(加藤シゲアキ)  2021.05.02 SORASHIGEBOOKより

” 色々な物語が人を癒したり救ったりするし、喜びってものがある訳ですよ物語には。 人を震わせるカがあるってのはスピーチでも言ったんですけど、 特に映画やドラマ舞台とは違って小説はどうなのかと言うと、やっぱり白と黒だけの記号ですよね、文字って言…

氷と水の間、「僕」と「あなた」は線引きできない ~加藤シゲアキ「氷温」考察~

氷温作詞・作曲/総合演出 加藤シゲアキ Don't believe in me君を愛して 嘘重ねて

アイドル史上最も文学的な楽曲、「あやめ」を考察してみた ~加藤シゲアキ ソロ曲考察~

―― ウジェーヌ・ドラクロワ作『民衆を導く自由の女神』が明確なビジョンとして立つ「あやめ」。屈強で慈悲深く限りない愛情、そして決意の曲。求めゆくは差別のない自由の地。彼はツアータイトルNEVERLANDを、"理想郷"と訳した。 これが、わたしが「あやめ」…

【文字おこし】それでもみんなと一緒にいるのは好きだから、NEWSのために何かしたかった。アイドルだから書けている。(加藤シゲアキ)-2021.3.3放送 フジテレビ「とくダネ!」-

2021年3月3日放送 フジテレビ「とくダネ!」吉川英治文学新人賞受賞時の取材より、内容抜粋した備忘録です。