STORY ダイジェスト動画 公開

迎えるにあたって、これほどまでに感慨深いライブがあっただろうか、いつ立ち消えになっても不思議ではない、そんなライブだったと思います。 youtu.be いつもの事ながら、クリエイターのプライドが結集し、その生き様が投影されたライブでした。NEWSが目指…

作家. 加藤シゲアキってどんな人? インタビュー記事/出版歴/受賞歴(関連🔗まとめ)/ 読んだみんなの感想は?

PR life.a01.aoyama.ac.jp プロフィール 主な候補歴・受賞歴 出版物 小説 エッセイ 入学試験・教育題材 起用歴 文学賞受賞コメント インタビュー・特集 厳選 加藤シゲアキ著書の反響 ピンクとグレー 閃光スクランブル Burn. 傘を持たない蟻たちは チュベロー…

加藤シゲアキのおすすめ小説3選!(オルタネート/ピンクとグレー/傘をもたない蟻たちは//できることならスティードで)

すっかり有名になった小説『オルタネート』。鮮やかな快進撃で「作家 加藤シゲアキ」の名を広めた " 青春小説の新たなる金字塔 "です。 抜群の形容力と爽やかな読後感が評判で、名実ともに代表作となりましたね。 しかし一方で、この小説から読んだ人のなか…

「まだ世界はできあがっていない」という物語 ~環状を成す加藤シゲアキソロ曲四部作で描いたメッセージ?~

NEWSコンセプチュアルライブツアー四部作(NEVERLAND・EPCOTIA・WORLDISTA・STORY)での加藤シゲアキさんのソロ曲 あやめ・氷温・世界・Narrative について、 先日、加藤さんがラジオで「実はソロ曲は繋がってて、Narrativeもあやめに繋がってる(ニュアンス…

“物語が身体に染み渡っていく。それが社会を作っていく”~吉川英治文学新人賞贈呈式スピーチに追加して~

【文字おこし(加藤シゲアキ)】 2021.05.02 SORASHIGEBOOKより ” 色々な物語が人を癒したり救ったりするし、喜びってものがある訳ですよ物語には。 人を震わせるカがあるってのはスピーチでも言ったんですけど、 特に映画やドラマ舞台とは違って小説はどうな…

氷と水の間、「僕」と「あなた」は線引きできない ~加藤シゲアキ「氷温」考察~

氷温作詞・作曲/総合演出 加藤シゲアキ Don't believe in me君を愛して 嘘重ねて 鏡ごしの君知らない顔をしてる昨日見た夢を話しかけてやめにした グラスのライム香りが鼻で弾けてほんの少し正気になって落ち込むテーブルに落ちてしまった氷が溶けてく時が止…

アイドル史上最も文学的な楽曲、「あやめ」を考察してみた ~加藤シゲアキ ソロ曲考察~

概要 ―― ウジェーヌ・ドラクロワ作『民衆を導く自由の女神』が明確なビジョンとして立つ「あやめ」。屈強で慈悲深く限りない愛情、そして決意の曲。求めゆくは差別のない自由の地。彼はツアータイトルNEVERLANDを、"理想郷"と訳した。 これが、わたしが「あ…